ドクター

ぐわんぐわんと揺れる視界|めまいを覚えたなら早急に処置

このエントリーをはてなブックマークに追加

きれいに聴こえる

女の人

使い方を提案

近年、耳鼻科において音が聞こえにくい・言葉の捉えにくさなどの感音性難聴の症状に対する備えとして、補聴器の装着を提案してくれています。一般的に精密器機は医療機関での購入が望ましいものの、医療用は機能重視であるために値段の面で難色が示されているため、軽度となる難聴を抱える場合には補聴器の販売店を利用するのも1つの手です。販売店の特徴として、専門家が聞こえの問題点の把握のためにカウンセリングを行ってくれます。もちろん、耳鼻科での診断書を持参することによりスムーズな導入が可能で、販売店では的確な調整やフィッティングに重点をおけるのが特徴です。聞こえの問題点は耳鼻科の役割ですが、器機の使い方は販売店の役割であり、近年の技術の進歩による機能性も向上していることから病院では難しい値段からの取り入れ方も可能です。

触れて聴いて選ぶ

若年性難聴など、近年では爆音が聴力に問題を与えることが問題化しており、耳鼻科を受診する若い世代も増加しています。治療を施すことに重点がおかれる病院とは異なり、聴力のサポートとなるのが補聴器で、販売店も耳鼻科などの医療施設に近いエリアや連携・提携しているなどの利用のしやすさも挙げることができます。販売店では、耳鼻科同様に聴力の測定を行い、そこから最適な器機を提案しているケースが一般的です。しかしながら、高価な補聴器選びを失敗しないために一工夫するだけで妥協しない選び方ができる上、聞こえにも応えることができます。例えば、若者に多い感音性難聴による悩みに応え、テレビやヘッドフォンからの聞こえを店内で体験することによって、他方向からの音の捉え方やヘッドフォンと器機の同時装着時の耳への接触の違和感などを導入前に払拭することができ、ライフスタイルに支障が出ない魅力があります。