ドクター

ぐわんぐわんと揺れる視界|めまいを覚えたなら早急に処置

このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症を治療しよう

ドクター

免疫過剰が原因

幅広い年齢層の方が悩まされる症状の一つが花粉症です。一口に花粉症といってもアレルゲンによってその種類も様々ですが、目のかゆみやくしゃみが止まらないなどアレルギー特有の症状が現れる点は共通しています。代表的な花粉症にはスギ・ヒノキ・ブタクサ・ヨモギなどがあります。スギやヒノキは春に花粉を飛ばしますがブタクサやヨモギなどのように夏や秋にも花粉を飛ばす植物もあるので症状が重い方の場合は年中症状に悩まされています。この花粉症の原因は無害であるはずの花粉に免疫が過剰に反応することが原因です。免疫は体内に異物が侵入してくるとヒスタミンと呼ばれる物質を分泌し、異物を攻撃することで無効化したり体外へと排出しようと試みます。そのため目に強いかゆみの症状が出たりくしゃみや鼻水が止まらなくなったりする症状が現れるのです。

遅くまで診察しています

花粉症の症状は耳鼻科で血液検査を行えば調べることができます。血液検査ではige抗体と呼ばれる数値の検査と合わせて、スギやヒノキなどアレルゲンとなっていると考えられる花粉への反応を検査します。検査によってアレルゲンの種類が判明すれば薬物療法によって対処します。花粉症の症状は残念ながら完全に抑えることは難しいのですが、花粉の季節が始まる前に抗ヒスタミン薬や点鼻薬を使用することで症状を和らげることが可能です。花粉症の症状で悩んでいるビジネスマンにおすすめなのが新宿の耳鼻科です。新宿では夜間にまで診療時間を拡大して診察を行っている耳鼻科が数多くあります。そのため仕事などの都合で花粉症治療をなかなか受けられない方でも時間に余裕をもって診察を受けることができます。また新宿の耳鼻科ではスギ花粉による花粉症の完治を目指す舌下免疫療法にも積極的に取り組んでいます。興味のある方は新宿の耳鼻科で相談してみましょう。